また出逢う時、それは戦場で


by foolbird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

主治医からの報告書

今日、主治医から病気についての詳細説明がありました
とりとしても、今までが治療優先だったので真面目に聞いてきましたよー
今後の展望も併せて説明されてきました


まず、病名は左肺の破裂による気胸・血胸
処置として第1に、左鎖骨下部より胸腔ドレーンを挿入、脱気・脱血を促進する
2日後、更に左胸下部より多少太めの胸腔ドレーンを挿入、このときに体内で神経の圧迫があり、左半身に極度の激痛
また、ドレナージにより大量脱血、先の激痛もあり失神する(翌日より貧血対策として、点滴に鉄剤も追加される

翌日、左鎖骨下部のドレーンを摘出した

そして今日の説明

まず、明日左胸下部に残るドレーンを停止、脱気・脱血度合いを監視
状況により、再度気胸・血胸が見られない場合、


そのドレーンも摘出する


復活の日は、もうすぐそこに
[PR]
by foolbird | 2005-06-14 21:11 | 雑記