また出逢う時、それは戦場で


by foolbird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

邪のココロ、具現

で、VGAカードを購入した帰り
札幌駅のPASEO内にある某店でお好み焼きを食って帰ることにする
俺は「ほたて貝玉withもち」、相方様は「豚キムチ玉withもち」

注文してしばし談笑、しばらくして具材を持ったバイトと思しき娘がくる
さぁんじゃ具材混ぜまsy

入れ物ちっちゃすぎんだろこのパラレルハゲ!(←?)

おかしいよ!どう考えてもちょっと混ぜたら具材溢れるぞこれ!
一方相方様の器を見てみrデケええええええええええええ

ありえん、この差別はなんだ。もはや西区が誇るアイドルに対しての挑戦状
としか思えん(オダマリ

そこで相方様がポツリ
「ねねこれ・・・髪の毛入ってる」

ホントだ。明らかに俺のでも相方様のでもない短い髪の毛が
とりあえずコレは文句を言うべきだ
いや、店への注意勧告としてもね、ウン

今度はベテランぽい店員を呼び出して状況説明

 俺:「あの、これなんか髪のk」
 相:「おんどりゃこれ髪の毛入っとるやないかいババァコラァ

えええええええΣ( Д )  ゜ ゜
相方様、それは言い過ぎだよ!!
俺もうこここれなくなっちゃうよ!!

とりあえずベテラン店員必死に謝る
いやそりゃもうホントに必死
サービスで食後にアイスクリーム出してくれるくらい
相方様のお好み焼きをビシッと焼いてくれるくらい
常に俺らのテーブルの火加減を確認しに来るくらい
そこまでされると逆に恐縮しちゃうんですが(;´Д`)

そんな中ふと相方様を見てみると、ふんぞり反って

(-公,-)y-~~~


(゚Д゚)ポカーン



この日記は事実に基づいたほぼノンフィクションです

 #上の■をトリプルクリックすると真実が見えるぞ!
[PR]
by foolbird | 2004-10-30 10:46 | 雑記